山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

アーバンライフに別れを告げ、米国山岳部標準時帯で大自然に囲まれて暮らすアメリカ駐在員のブログです。

ANAカードUSAに配偶者をジョイント口座として登録する方法!配偶者でも簡単にクレヒスが貯められる裏技。

EビザやLビザの駐在員の配偶者であれば、各々ソーシャルセキュリティーナンバー(以下:)を取得することが可能です。

SSNを取得しなくても生活に特に支障はないのですが(実際に筆者の配偶者も一年近くSSN無しで生活していた)、配偶者名義のクレジットカードを作ることで、単純計算で今までの倍、入会特典を受け取るチャンスがあるということに気付きました。

自分への紹介リンクの使用は認められていませんが、夫婦でお互いを紹介し合うことは可能みたいなので、これも含めるとその効果は倍以上という計り知れないポテンシャルを秘めています。

そこで、今回の記事ではSSN取得後、配偶者のクレヒスをゼロから構築していくにあたって最も手の付けやすい、ANAカードUSAへのJoint Account登録について解説していきたいと思います。

Sponsored Link

Authorized UserとJoint Accountの違い

まず、前提としてAutorized UserとJoint Accountの違いについて解説しておきたいと思います。

  概念 クレヒス
Authorized User 家族カード保有
(親カードが主、家族カードが従)
影響はない
Joint Account Holder 共同名義カード保有
(両者が親カード相当を分担して持つ)
影響がある

Authorized UserとJoint Accountの決定的な違いは、クレジットスコアに影響があるかないかという部分です。

これは、Autorized Userは実質的に家族カード扱いであり、あくまで親カード保有者の信用に基づいてカードが発行されるのに対して、Joint Accountの場合は主カードを共同責任で運用していく契約を結び、良いことも悪いことも平等にクレジットヒストリーに反映させていきましょうという形態の違いによるものです。

そのため、Joint Account Holderになるためには、本人のSSNを提示した上で、通常のカード申し込みのような厳格なプロセスをくぐり抜ける必要があります。

もし配偶者のSSNを取得していない場合は、以下の記事で取得方法をまとめているので、参考にしてみて下さい。

➡ 【駐在員向け】配偶者のSSN取得完全ガイド!場所によっては地味に時間がかかるので早めの申請が吉。 - 山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

ANAカードUSAをJoint Accountにするメリット

筆者の個人的な意見ですが、ANAカードUSAをJoint Accountにするメリットは以下のような点にあると思います。

  1. 赴任後早い段階から配偶者のクレヒスを構築できる
  2. クレヒスがなくてもJoint Accountを開設できる
  3. そもそもJoint Accountを作れるカード会社が限られている

1. 赴任後早い段階から配偶者のクレヒスを構築できる

駐在員本人と同様に、赴任直後からクレジットヒストリーが構築できるのは非常に大きなメリットと言えます。

クレジットヒストリーの構築には約1年程度かかるため、限られた任期内で様々なクレジットカードの恩恵を受けるためには1日でも早くクレヒスを貯め始めなければなりません。

➡ 苦節半年でチェースのクレジットカード審査に合格!一年ルールは存在すると確信した話。 - 山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

ANAカードUSAはクレジットヒストリーがなくても赴任と同時に作成することができ、恐らく渡米後最速で入手可能なカードですので、この点に於いては圧倒的なメリットを享受することが可能となっています。

2. クレヒスがなくてもJoint Accountを開設できる

一般的に、クレジットカードのJoint Accountを作成するためには、申込者両名のクレジットスコアを参照した上で、カードの審査及び与信が行われます。

片方が著しく低いスコア、或いは、全くクレヒスがない状態だと審査にネガティブな影響を与えることが用意に想像できます。

ANAカードUSAの場合、駐在員本人と同様に、クレヒスがない状態からでもJoint Accountの申し込みを行うことができるため、Joint Accountの作りやすさという面で非常に大きなアドバンテージがあると考えています。

3. そもそもJoint Accountを作れるカード会社が限られている

最後に、そもそもクレジットカードにおいてJoint Accountという概念は「少しずつ廃れていっている」ものであり、今ではほとんどのカード会社はJoint Accountを許可していません。

以下の表は、アメリカの主要なカード会社と、それぞれがJoint Accountをオファーしているかどうかをまとめたものになります。

カード会社 ジョイント作成可否
American Express ×
Bank of America
Capital One ×
JPMorgan Chase ×
Citi ×
Discover ×
Wells Fargo
  出典:creditcards.com

上記で「×」の表示になっているものは、Authorized Userとしてカードの追加ができる会社です。

残念ながら、このブログでも度々登場するアメリカンエキスプレスやチェースなどでJoint Accountを作ることはできません。

そうなると、配偶者のクレヒスを貯めたいと思ったときに、上記で既に述べた理由も含めて総合力でANAカードUSAでのJoint Account作成のメリットが際立つのです。

ANAカードUSAでJoint Accountを作成する手順

それでは、本題の作成方法について見ていきましょう。

ここでは既に駐在員本人がANAカードUSAを保有しているという前提で話をしますので、実質的には、Joint Accountへの変更方法と言えるでしょう。

手続きに必要な書類

  1. 申し込みフォーム
  2. パスポート
  3. SSNカード
  4. 住居証明(免許証や公共料金支払い書)

申し込みフォームは、会員サイトの以下の場所からダウンロードすることが可能です。

f:id:yumaog168:20210416031937p:plain

PDFをダウンロードし、必要事項を記入するのですが、配偶者のEmployerやMonthly Incomeなど入力できないところは空白のまま提出しました。

一度印刷して各々サインをすれば準備は完了です。

書類の送付

書類が揃ったら、オンラインのメッセージツールを使って送付する必要があります。

こちらからANAカードUSAのウェブサイトへアクセスし、「Webmailでのお問い合わせ」から、各種書類の送付を行います。

メールやFAXは必要ないので、非常にありがたいシステムです。

駐在員本人の名前やメールアドレスなどを入力した上で、上記の4つのファイルをアップロードして送信するすれば晴れて申し込みは完了となります。

後は、後日送られてくる結果を首を長くして待ちましょう。

まとめ

以上、今回はANAカードUSAをJoint Accountに変更し、配偶者のクレジットヒストリーを貯めるための方法をご紹介してきました。

ちなみにANAカードUSAは、アメリカ国内からでも日本語でのオペレーターに繋ぐことが可能ですので、途中道に迷ってしまったら是非お問い合わせしてみましょう。

親身になって教えてくれるので、日本人の顧客対応の素晴らしさを久々に感じることができますよ。

 

こちらの記事もどうぞ

us-life.hatenablog.com

us-life.hatenablog.com

 

【駐在初期編】アメリカのクレジットカードのオススメ発行順や重要ポイントを徹底解説。赴任予定者も超必見!

アメリカのクレジットカードは入会特典が非常に魅力的で、この一枚さえ作れば全てが丸く収まるというものではありません。

かといって、複数の入会特典を獲得するために、何枚も無制限に作成できるようなものでもないので、作れる枚数と作りたいカードのバランスを考えながら戦略的にクレジットカードを作っていく必要があります。

日本で使っているクレジットカードが好きだから、お得だからという理由でアメリカでのクレジットカードの発行を考えていない人も見受けられますが、以下の記事で解説しているように、まず間違いなく損をすることになると思います。

➡ 海外赴任が決まったら作るクレカと捨てるクレカ。渡航前のクレカ整理のポイントを解説します。 - 山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

つまり、アメリカ赴任になると必然的に現地のクレジットカードの作成が必要になるわけでして、どうせ作成するならお得にお得にお得にクレジットカード生活を送るべきだと筆者は常々考えています。

そこで、この記事では自身の体験を基にして、例えば今後自分の会社の後輩の海外赴任が決まったらどのようなアドバイスをするという親心的な視点で、アメリカでの戦略的クレジットカード発行について考察していきたいと思います。

Sponsored Link

まずは全体像を図解で

とりあえず本題に入る前に、これから説明することを全体図で以下に掲載しておきたいと思います。

この流れに沿って説明が進んでいくので、都度立ち止まって見返すようにしていたくと理解が深まるかと思います。

f:id:yumaog168:20210407072409p:plain

【赴任前】赴任前から勝負は始まっている!

いきなり超重要なことを言いますが、赴任前から勝負は始まっています。

というのも、アメリカではクレジットヒストリーが全てで、クレジットヒストリーが白紙の状態の海外駐在員はクレジットカードを作ることが難しいとされています。

それ故、駐在初期の頃は、アメリカでのクレジットヒストリーがなくても駐在員ステータスで比較的容易に作成することのできるANAカードUSAJALカードUSAといった定番のカードが必要になるわけです。

しかし、もし仮に内示が非常に早いなどの理由で赴任までに相応な時間があれば、アメリカンエキスプレス(以下:アメックス)でクレヒスを作るという裏技が存在します。

詳しくは以下の記事で解説をしていますが、要約すると「日本のクレヒスを使ってアメリカで赴任直後からアメックスのカードを作れる可能性があるという話で、赴任までに相応な時間があるのならば日本にいる間にアメックスで信用を貯めておきましょう」という内容です。

➡ 米国赴任者予定者必見!日本でのアメックスの利用情報を引き継ぐ方法 - 山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

ちなみに、もし既にアメックスを持っている場合、赴任するまで確実な返済を心掛け、解約せずにそのまま保持し続けることをオススメします。

【赴任月】ANAJALカードUSAは自分の分だけ作る!

赴任までに時間がない場合は上記のアメックス作戦を実行するのが難しいと思います。

また、アメックスを保有していても赴任後に確実に作れる保証はないので、定番のANAカードUSAか、JALカードUSAを一枚は保有しておくことが望ましいです。

この時、なくしたら困るからという理由や、どっちの航空会社をメインで使うことになるか分からないからという理由でANAJALの両方を作ったりする人もいますが、以下の理由で全くオススメしません。

ちなみに同様の理由から、家族カード(Authorized User)も一切作らないか、最小枚数に留めておくことをオススメします。

チェースの5/24ルールに要注意

これは非常に大切な概念で、アメリカの陸マイラーを含めて米国のクレジットカード界隈では常識となっているルールです。

これは、過去24ヵ月(2年)の間に家族カードを含めて5枚以上カードを作った人は、JPMorgan Chase(以下:チェース)の審査で自動的に弾かれてしまうという、決して明文化されていないけど人類の執念によって解明された独自の審査基準のことを指します。

仮にANAカードUSAと、JALカードUSAをそれぞれ作成した場合、カウントが2枚となります。

もっと言うと、それぞれに家族カード(Authorized User)を付帯した場合、2×2=4枚となり、赴任月にして早くもリーチがかかってしまうことになります。

それでも、「あと一枚作ることができるじゃん!」と思うかもしれませんが、チェースはプロパーカードを含め、提携カードにも魅力的なものが多く、複数枚作れる余裕を残しておいた方が後々かなり選択肢に幅を持たせることができるでしょう。

【赴任2ヵ月~1年】アメックス保有者はここで差が付く!

手持ちのANAカードUSAやJALカードUSAをいつまで使い続けるのか否か、赴任前に日本でアメックスを保有していた人はここで圧倒的な差が付き始めます。

先に述べた通り、日本国内でのアメックス保有者の場合、日本でのクレヒスを引き継ぐことで赴任後比較的早い段階でアメックスのクレジットカードを作ることが可能です。

ここで筆者がオススメするカードは年会費無料で還元率が常時2%を誇る、AMEX Blue Businessです。

AMEX Blue Businessには、AMEX Blue Business PlusAMEX Blue Business Cashという二種類のカードが存在していて、違いは以下の通りです。

  Blue Business Cash Blue Business Plus
還元率 2%(上限$50,000) 2%(上限$50,000)
還元方法 請求額へ充当 ポイントで還元
年会費 $0 $0

要するに、ポイントの還元方法がキャッシュバックなのか、ポイントなのかの違いであり、「あなたはマイル派ですか?それともキャッシュバックを貰ってその分を株式投資なんかに充てたいですか?」という宗教観の違いだと思っておいてください。

詳細については以下の記事でそれぞれ解説していますので、是非ご覧になってみて下さい。

➡ 【入会特典$500付】常時2%還元のBlue Business Cashを作ってみた!オススメする理由と申込方法も徹底解説。 - 山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

➡ 【紹介限定10,000pt特典有】最強のアメックス、Blue Business Plusを作ってみた!オススメ理由と申込み方法を徹底解説します。 - 山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

ちなみに、ビジネスという名を冠している通り、このカードは個人事業主を含む法人向けカードではありますが、我々のような個人でも簡単に作ることができます。

とは言っても、「アメックスゴールドとか、アメックスプラチナの方がステータス感があるし、入会特典もお得でベターなのでは?」と思うでしょう。

個人的には同感ですが、以下の理由からこの時期はビジネスカードの作成をオススメしています。

ビジネスカードはチェースの5/24ルール対象外

前述した通り、チェースには5/24ルールという暗黙の了解が存在しています。

しかし、このルールには抜け道があり、ビジネスカードは枚数にカウントされないということが判明しています。(※DiscoverやCapital One等を除く一部のビジネスカードのみ)

アメックスのビジネスカードはこちらのルールの対象外であることが分かっているため、何枚作っても後々チェースのカードの枠を食いつぶすことはありません。

つまり、赴任後しばらくは兎にも角にもチェースの残枠を意識して、5/24ルールに抵触するアメックスゴールドやアメックスプラチナを避け、ビジネスカード(その中でもお得なものから)から作っていくことが合理的な判断となるのです。

【赴任後1年~】いよいよチェースのカードデビュー!

赴任後1年前後になったら、いよいよチェースのクレジットカードの申し込みが本格的にスタートします。

前々から気になっていた人もいるかもしれませんが、なぜ1年も待つ必要があるかというと、1年未満のクレヒスだとチェースの審査は通らないからです。

これに関しては、実際に自分で経験していてほぼ確信めいたものを持っているので、以下の記事を熟読されることをオススメします。

➡ 悲報!チェースのクレカで2度目の審査落ち。赴任1年目の作成は厳しいのか? - 山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

➡ 苦節半年でチェースのクレジットカード審査に合格!一年ルールは存在すると確信した話。 - 山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

これまでに記載したルールを遵守していれば、この時点で恐らく大量の枠が残っていると思います。

そこで、筆者がオススメしたいカードはChase Sapphire Preferredです。

詳細は以下の記事に書いてある通りですが、要約すると「このカードは入会特典がハチャメチャに良く、年会費95ドル必要だけど、750ドル相当(キャンペーン中はもっと!)が貰えてしまうので絶対に作ろうな」という内容です。

➡ 【必読】Chase Sapphire Preferredを作るべき理由と、使うべきでない理由を徹底解説! - 山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

【まとめ】あとは自分のお気に入りのカードを作るのみ

無事にチェースのカードを作ることができた皆様、おめでとうございます。

ここまで約1年以上、5/24ルールを遵守するためだけに作るべきクレジットカードを選んできましたが、この後は晴れて自由の身となるのです。

チェースの枠がある限りチェースのクレジットカードを優先的に作り、欲しいチェースのカードがなくなればアメックスゴールドでもアメックスプラチナでもなんでもいい、自分の好きなカードを選んでいくだけです。

とにかく大事なのは、赴任前後の初動であり、ここで間違えると後々リカバリーに非常に時間がかかってしまいます。

特に、5/24ルールに一度でも引っ掛かってしまうと、2年間もカードの新規申し込みを控える必要があり、その間の機会損失は非常に大きくなってしまいます。

その他の筆者が考えるオススメのクレジットカードに関しては、またいつか別の機会に紹介できればと思います。

この記事を通して、赴任初期の一番重要な時期のアメリカでのオススメのクレジットカードの選び方を理解して頂ければ幸いでございます。

 

こちらの記事もどうぞ

us-life.hatenablog.com

us-life.hatenablog.com

 

【駐在員向け】配偶者のSSN取得完全ガイド!場所によっては地味に時間がかかるので早めの申請が吉。

アメリカ在住者の中でも、EビザやLビザなどのいわゆる駐在員ステータスで住まわれている方もたくさんいると思います。

私もその一人で、現在Lビザを会社から出して貰っていて、いわゆる駐在員という立場でアメリカ合衆国にお邪魔しています。

現在は妻もこちらに帯同しており、同じようにLビザで生活を送っています。

国によって全くと言っていいほど事情が異なる配偶者の在留ステータスですが、アメリカの場合、EビザやLビザの配偶者の場合、就労許可さえ取得すれば合法的に就労することができます。

会社によってはベネフィットの諸々なんかで、駐在員の配偶者が就労すること自体を禁止しているところもあるようですが、基本的には配偶者であってもEビザやLビザであれば、駐在員本人のステータスと同じように振る舞うことができるはずです。

当然、ソーシャルセキュリティーナンバー(以下:SSN)の取得も可能なのですが、私たちの場合思いのほか苦労をすることになり、途中放置していた時期も含めて、赴任後約1年で漸く取得することができました。

この記事では、我々の実体験をなるべく子細にご紹介しつつ、取得方法を徹底的に解説していきたいと思います。

Sponsored Link

そもそも配偶者のSSNは必要?

個人的な答えとしては、「なくても全然問題なく生活できるけど、あったほうが圧倒的に有利な場面がある」です。

例えば、アメリカは自動車社会なので、自動車の免許を取得される方も多いと思いますが、運転免許の取得に際してSSNは必要ありません。

病院でも特に求められることはありませんし、SSNなしでも妊娠出産は可能です。

これまで一年以上アメリカで生活してきてSSNがなくて困った場面と言えば、配偶者名義でのクレジットカードが作れないことくらいですが、これも家族カードさえあれば特に生活に支障はありません。

一方で、配偶者名義でクレジットカードが作れるということは、自分と配偶者の2人分の入会特典が貰える(お互いを紹介し合えば紹介ボーナスも貰える!)ということであり、SSNを持っているかいないかで天と地ほどの機会損失が発生し得るのです。

➡ クレジットカード カテゴリーの記事一覧 - 山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

なので、個人的には取れるなら取っておいた方が後々良いというスタンスです。

ちなみに、クレジットカードを作るために配偶者のクレジットヒストリーをゼロから貯めるというのはまた別の話になるので、以下の記事を参考にしてみて下さい。

➡ ANAカードUSAに配偶者をジョイント口座として登録する方法!配偶者でも簡単にクレヒスが貯められる裏技。 - 山岳部標準時帯で暮らすアメリカ駐在員のブログ

地域によって全く異なる「緩さ」

申請の仕方に入る前に、前置きとして、地域や担当者によって行政プロセスが全く異なるというアメリカあるあるの存在は常に念頭に置いておきましょう。

これから色々と書いていきますが、簡単にSSNが手に入る場合はラッキーです。

また、これから書く情報も実体験に基づくものなので事実ではありますが、必ずしもお住いの地域のプロセスに合致するかは100%保障することができません。

申請に必要な書類

配偶者のSSNを取得するにあたって必要な書類は以下の通りとなります。

  1. SS-5と呼ばれる申請書
  2. ビザ付きのパスポート
  3. I-94
  4. 婚姻証明書(戸籍謄本)

基本的には、駐在員本人が取得する場合と変わりませんが、一番厄介なのが「4. 婚姻証明書(戸籍謄本)」でありまして、これが地域差を生む大きな一因という理解です。

1.SS-5と呼ばれる申請書

SS-5というApplication Formをこちらからダウンロードして記入して下さい。

記入イメージは以下のようになります(手書きでも可)。

17番に直筆のサインをする欄がありますので、忘れないようにご注意下さい。

f:id:yumaog168:20210415121523p:plain

2. ビザ付きのパスポート

本人確認と実際に居住できるかどうかのステータスを確認するためにビザが付いているパスポートが必要になるので、忘れないように持って行きましょう。

3. I-94

最新のI-94が必要となりますので、こちらから取得を行います。

以下の画像の矢印のところにある「GET MOST RECENT I-94」をクリックすると、ポップアップが表示されるので、「CONSENT & CONTINUE」をクリックします。

名前や生年月日、パスポート番号を聞かれるので、必要な情報を入力すると最新のI-94が表示されるので、「PRINT」を押して印刷を行います。

f:id:yumaog168:20210415122054p:plain

4. 婚姻証明書(戸籍謄本)

そして、配偶者の場合に追加で必要となるのが婚姻証明書(Marriage Certificate)です。

ここではお互い日本人という前提でお話をしておりますので、ご自身がお住いの州を管轄している在米総領事館に依頼して発行してもらう必要があります。

ちなみに管轄している総領事館はこちらから確認することができます。

➡ 全米各総領事館案内 | 在アメリカ合衆国日本国大使館

申請には直近3ヵ月以内に発行された「戸籍謄本の原本」が必要であり、赴任前に予め取得しておくか、そうでない場合は日本で親兄妹などに戸籍謄本を代理取得して貰ってAir Mailで送る必要があります。

近くにあれば直接赴いて窓口で申請することもできますが、そうでない場合は各総領事館のウェブサイトに郵送での申請方法が記載されているはずなので、郵送での取得も可能です。

我々が非常に時間がかかったのがこの部分で、まずは戸籍謄本を日本から取り寄せるところからスタートし、総領事館なんてあるはずのはい僻地に住んでいるため郵送での申請を行うことに。

その郵送での申請のために「返信用封筒、往復切手、申請書記入、郵便局振り出しのマネーオーダーの取得」などの慣れない作業を行い、実際に書類が手元に届くまで相応の時間を要してしまいました。

婚姻証明書は戸籍謄本で代用可能?

ちなみに、婚姻証明書をわざわざ取り寄せなくても、「戸籍謄本原本と、それを自分で英訳したものを提出したら大丈夫だった」という人や、「そもそも婚姻証明書なんて求められなかった」という人も存在するようです。

先ほども述べた通り、これは地域差や担当者による個人差の好例であり、事実である以上否定することはできません。

我々の場合、同時期に赴任した近所に住む上司が戸籍謄本の英訳を持って申し込みに行きましたが、受理できないとあえなく拒否されていました。

その後、赴任してしばらく経過し、知り合った他の日本人の駐在員の方々の話を聞いていると、隣町だったら大丈夫だったという話も聞くので、居住地を管轄するソーシャルセキュリティーオフィス次第なところがあるなという印象を拭えません。

とりあえず戸籍謄本で体当たり作戦

今後私の住む地域に後任が赴任してくることがあれば、「戸籍謄本を持ってきて、着任後即婚姻証明書を取り寄せるべし」と伝えると思いますが、前例のない場合はとりあえず戸籍謄本で体当たり作戦をしてみると良いかもしれません。

特に、駐在員本人は一刻でも早くSSNの取得が必要になるので、赴任後早い段階で申請を行うことになると思います。

その際に戸籍謄本と英訳を持参の上で一旦チャレンジしてみて、ダメだったらその戸籍謄本を使って早々に正式な婚姻証明書を取り寄せるのが最も効率的でしょう。

まとめ

以上、EビザやLビザの配偶者はSSNを取得することができるのか?どうやって取得すればいいのか?について筆者の実体験を基にご紹介してきました。

筆者の場合は、戸籍謄本の取り寄せから始まり、婚姻証明書の郵送申請、コロナの影響でなかなか予約が取れないなどの不運が重なり、SSN取得までに2ヵ月近く要してしまいました。

SSNを持っていないからと言ってすぐに困ることはないと思いますが、もし取得しようと思っているのであれば、早めに準備を行うことをオススメします。

特に、配偶者のSSN取得に関しては地域差が激しい印象があるので、この記事が皆様のお役に立つことを心より祈っております。

 

こちらの記事もどうぞ

us-life.hatenablog.com